疲れ過ぎて寝れないのは骨盤のゆがみが原因?

こんにちは。

みちい整体の道井雄です。

皆さん、疲れ過ぎて夜寝れないという時ないですか?

人間は自分の意思で調整できない自律神経によって体のバランスを取っています。

例えば、日中の活動している時は体を活発に動かす作用のある交感神経によって体は動いています。

逆に夜寝る時には、体を休ませたりリラックスさせる作用のある副交感神経によって休息したり、睡眠をとっています。

しかし、自分の意思では調節できない故に凄くデリケートにできています。

先日、患者様でも

「最近、寝ようとしてるのに目が冴えてしまって全然寝れない。体は疲れてるのに。だから疲れが全然取れない」

と仰っていました。

実際にその方の筋肉の硬さをみると、全体的に硬さが酷く、また骨盤や背骨のゆがみも強く出ていました。

普段、長時間のデスクワークで猫背姿勢になってしまい、育児や家事などで知らず知らずに左右どちらかに極端に重心をかけてしまってたりすると、

その状態に対応しようと骨格にゆがみが出てきます。

そして骨格に負担がかかると、それを支えようと筋肉(特にインナーマッスル)が硬くなります。

さらにその姿勢が長時間続くことで、肩こりや腰痛の原因になります。

この段階でしっかりメンテナンス出来れば問題ありませんが、

それを放ったらかしにすることで、肩こり腰痛のストレスが脳に伝わり、

脳が、

『体が何者かに攻撃されている』

と勘違いを起こします。

勘違いを起こした脳は体をその何者かから守る為に、自律神経のうちの交感神経を働かせることにより、

防御反応として全身の筋肉が硬くなることで体を守ろうとします。

その結果、体は疲れてるのに、目が冴えて全然寝れないという状態になってしまいます。

もちろん、本人のストレスに対する意識の仕方にも問題があるのかもしれません。

ただ、こういう場合は、だいたいが普段の体の使い方、長時間の猫背姿勢、左右の偏った重心の掛け方などによる、骨盤や背骨のゆがみに問題があります。

逆に言うと、このゆがみをリセットするだけで案外簡単に解決することもあります。

不眠があるとよく睡眠導入剤を飲む場合もありますが、これらの薬を飲む前に、その不眠が一体何からきてるのか?

と言うことを考える必要がありますね。

結果じゃなくて、原因に目を向ける。

結局はそれが一番の近道です。

皆さんみ、疲れてるのに目が冴えて全然寝れないという時は、体の使い方による骨盤や背骨のゆがみを疑ってみて下さい。

みちい整体院

当院は骨盤調整専門の整体サロンです。仕事や家事の疲れからくる腰痛・肩こり・頭痛でなどでお困りではありませんか?あなたも骨盤矯正&整体で痛みの原因である歪みを整え楽なカラダに!

0コメント

  • 1000 / 1000