足がつる3つの原因

こんにちは。

みちい鍼灸接骨院の道井雄です。

皆さん、夜中寝てる時に急にグッと足がつったことないですか?

あれホントに地獄ですよね。痛みが通り過ぎるまで悶絶するしかないのが余計に辛いです。

足がつると言うのは、筋肉が何らかの原因で痙攣して、一時的に過収縮(筋肉が必要以上に縮こまること)を起こしている状態です。

今日は足がつる、3つの原因をお話しします。

まず1つ目、それは「冷え」です。

筋肉は冷えると、寒さから体を守ろうと筋肉を縮こまらせることで、熱を発生させます。

また、冷えることで足先までの血流が悪くなるために筋肉は硬くなりやすくなり、余計につりやすい状態になります。

特にこの暑い時期なんかは職場のクーラーが効きすぎて足元が冷えて夜中につるということも多いので、暑くても足元(ふくらはぎ~足先まで)はしっかり保温しておきましょう。

2つ目は「疲労」です。

これは、原因としては一番多いです。
筋肉は疲労が溜まると、疲労物質の蓄積により筋疲労を起こし、柔軟性がなくなります。

つまり、硬く疲れが溜まったままの状態です。

激しい運動はもちろんですが、ちょっといつもよりよく歩いたなというだけでも、筋肉に疲労が溜まったままだとつりやすくなります。

お風呂に入った時に温めつつ、よくふくらはぎを揉む。

寝る前に、ふくらはぎを伸ばすストレッチをする。

など、その日の疲れはその日のうちにしっかりケアしておきましょう。

そして、最後の3つ目は「ミネラル不足」。

筋肉はタンパク質で出来ていますが、筋肉の働きを調整しているのがミネラル(塩分・カルシウム・マグネシウム等々)です。

よく汗をかいて体から水分が出て行くと、水分に引っ張られる形で体内のミネラルも抜けていきます。

そして体内のミネラルが薄くなることで筋肉が異常興奮を起こして痙攣し、つる状態になります。

なので、よく脱水には水分補給が大事といいますが、厳密に言うとこれは間違いで、

「水分+ミネラル」

が大事ということです。 

以上が足がつる原因です。

まとめますと、足がつる原因は、

1.冷え
2.疲労
3.ミネラル不足

の3つになります。

逆に言うと、この3つの原因をしっかり理解しておくことで、筋肉がつるのを予防するポイントにもなるという事になります。

でも、どれか一つだけが原因という訳ではなく、だいたいが複合されて起こってきます。

例えばこの時期だと、よく運動をしてストレッチなどのケアをせず、そのままクーラーで部屋をキンキンにして寝たら足がつった。

これは「疲労」と「冷え」が同時に起こってますね。

こんな感じです。 

結局はケア不足ですね。

皆さんも足がつる前に入念にケアしましょうね!

みちい整体院

当院は骨盤調整専門の整体サロンです。仕事や家事の疲れからくる腰痛・肩こり・頭痛でなどでお困りではありませんか?あなたも骨盤矯正&整体で痛みの原因である歪みを整え楽なカラダに!

0コメント

  • 1000 / 1000