汗かけない人へ

こんにちは。

みちい鍼灸接骨院の道井雄です。

この夏場の時期はクーラーは必須ですよね。

以前のブログでもご説明しましたが、クーラーは苦手だからと暑いのを我慢して過ごす方もおられます。

しかし、現代の暑さは昔と違ってかなり“悪質”です。

うちわや扇風機などにあたってやり過ごせるほど程よい暑さではないですよね。

この暑さを我慢すると、激しい運動をした訳でもないのに、気付けば脱水症を起こしてたなんて事が普通にあり得ます。

自覚症状として気付きやすいポイントは頭痛です。

脱水なので、喉の渇きや口の中の乾燥などはもちろんですが、急に喉が渇くわけではありません。

しかし、急じゃないからこそ要注意です。

「体は全然動くのに、何か頭の奥が鈍く痛い」

そんな時は、暑さの影響で徐々に体内の血液循環量が低下してきているサインです。

「頭痛いだけ?」

と思わず、躊躇なく今やってる事を中断し水分補給に努めて下さい。

しかしながら、この暑さじゃ全員が脱水症になるリスクがあるとは言え、こうなりやすい人の特徴があります。

それは普段から体を動かさず、クーラーの効きすぎた環境にいる人。

人間の体は、暑い環境にいると血管が拡張し汗をかくことで体内にこもった熱を逃す。

そして、寒い環境にいると血管を収縮させ、皮膚から血管を遠ざける事で体温を守る。

体温はこのバランスで保たれています。

しかし、クーラーの効き過ぎた部屋にいることで血管が収縮しっぱなしになり、急に暑い環境に出ても体が熱いことに気付かず、こもった熱を外へ逃すことが出来なくなります。

つまり、体温調節が苦手になるということです。

その結果、体内の血液循環量の低下に上手く体が反応できず、

「体は動くのに、頭痛がする」

といった、一見何の関係も無さそうな症状が出現します。

じゃあ、どうするか?

それは汗をかく習慣を身につけることです。

体が「熱い。だから血管を開いて汗を出そう」と反応できる状態にする。

言ってみれば、当たり前のことですが、これが出来てない人が多い。

でも、運動をして汗をかくのはもちろんオッケーですが、なかなか運動の習慣を取り入れるのは難しいですよね。

そんな時は、お風呂で汗をかけば十分です。

一度、40度くらいのお湯に15~20分ほど浸かり、汗をほどよくかいたら、一度浴槽から出て冷水シャワーで体を一旦クールダウンさせます。

これを2~3セット繰り返せば、いい血管運動ができます。

つまり体温調節の上手な体になります。

是非皆さんもお試し下さいね!

みちい整体院

当院は骨盤調整専門の整体サロンです。仕事や家事の疲れからくる腰痛・肩こり・頭痛でなどでお困りではありませんか?あなたも骨盤矯正&整体で痛みの原因である歪みを整え楽なカラダに!

0コメント

  • 1000 / 1000