睡眠とギックリ腰対策

こんにちは。

みちい鍼灸接骨院院長の道井雄です。

皆さん、この暑い時期、しっかり睡眠とれてますか?

ほとんどの方が暑くて寝苦しい夜を毎日過ごしているかと思います。

人間の体は寝る事で日々の疲れをリセットしています。

しっかり睡眠をとることは、薬よりも大事な薬とも言えます。

先日、急患でギックリ腰の方が来られました。

痛みやその時の状況を色々聞きながら、施術をしていました。

その方が言うには、痛めた直接的な原因は椅子から立ち上がろうと体を前のめりにした時だったみたいですが、

「最近、ジメジメ暑くて全然グッスリ寝れてなかった。その時ぐらいからずっと腰も重だるかった」

との事でした。

その段階でギックリ腰になる“下地”が十分に仕上がってたというわけです。

皆さん、だいたいギックリ腰になった時って、その直前にどんな事をしてたか?どんな動作をとったか?ということに意識が向きがちになります。

で、

「いや~、別に椅子から立ち上がろうとしただけやねんけどなぁ」

となります。

実際に私達も、痛めた直接的な原因は何か?ということは、的確な治療をする上でとても大切な情報源です。

しかし、それはあくまでも直接的であって、「今の状態」を示しているに過ぎません。

ギックリ腰って意外と根深いです。

まぁ慢性的な腰痛や肩こりも一緒ですが。

そういう観点から見ると、いかに規則正しい生活習慣(食事・睡眠・ストレスなど)が大事かということを改めて考えさせられます。

もちろん、痛くなる前に普段の仕事や育児による姿勢の悪さ(猫背)や、体の使い方の癖(重心のかけ方)や、筋肉の硬さを施術によりリセットしておくことも大切です。

しかし、いかに普段質の良い睡眠をとれるか?

ここをもっと意識すべきだと思います。

そう言ったら、その患者さんが仰いました。

「あかん。俺クーラー苦手やねん」と。

なるほど。でもこの痛みとどっちがいいですか?

という話です。

別にキンキンに部屋を冷やすのが目的ではないですからね。

あくまでも、「質の良い睡眠」をとるのが目的です。

だからキンキンに冷やす必要もないですよね。

28℃設定でも十分なわけです。

皆さんも、この時期のギックリ腰にはお気を付け下さいね!

みちい整体院

当院は骨盤調整専門の整体サロンです。仕事や家事の疲れからくる腰痛・肩こり・頭痛でなどでお困りではありませんか?あなたも骨盤矯正&整体で痛みの原因である歪みを整え楽なカラダに!

0コメント

  • 1000 / 1000