健康とは?

こんにちは。

みちい鍼灸接骨院院長の道井雄です。

皆さんは、「健康」と聞くと、どんなイメージがありますか?

皆さんにとって「健康」とはなんですか?

「しばらく風邪ひいてない」

うん。これは健康。

「飯がめっちゃ美味い」

ある意味、これも健康。

「何か、毎日幸せ」

こんな事を言える人が、不健康なわけがない。僕もこんな事を言ってみたい。

まだまだ、他にもこんな状態なら健康って言える状況っていっぱいありますよね。

多分、皆さんの中でも、健康の定義と言えばオーバーですが、健康の基準みたいなものはあるんじゃないでしょうか?

ちなみに、健康に関する中枢の世界保健機関(WHO)の健康の定義は、

『健康とは、完全に、身体、精神、社会的に良い状態であることを意味し、単に病気でないとか、虚弱ではないということではない』

との事です。

何か分るようで、よく分からないですよね。

柔道整復師の学生時代、この掴みつどころない文章を丸々暗記させられました。

まぁ要するに、

今ある状態全部ひっくるめて健康であれば、おたく健康でっせ。

みたいな感じでしょうか。

しかし、これ僕の中ではスゴく違和感を感じるんです。

あれがあれば健康。これがあれば健康。

多分、健康って何かをしたら得れるものでもないと個人的に思います。

もちろん、
健康のためにサプリメント飲んでます。

健康のためにジム行ってます。

健康のために毎日半身浴してます。

これはこれで素晴らしいです。

しかし、ちょっと視点をズラして考えてみましょう。

「健康のために、何をするか?」

視点をズラすと、

「健康のために、何をしないか?」

この基準を持つのも大切だと思います。

例えば、肩凝りの方がいます。

この方の肩凝りを改善するために、施術で筋肉をほぐし、骨格の歪みを調整して、首に負担のかからない綺麗な姿勢で過ごせるようにするのは、この段階では僕の仕事。

しかし、この人自身が自分の肩が凝った原因、つまり「姿勢の悪さ」を認識できるかどうか?

これって、回復過程においてスゴく重要なんです。

だって、

「私、健康のために、毎日無添加・無農薬の食材を摂ってます」

という人が、ガンガン煙草吸ってて、これが健康と言えるでしょうか?

「私ダイエットのために、毎日頑張って走ってます」

という人が、寝る前にBIGサイズのプリン食べてて、これがダイエットと言えるでしょうか?

そういう事なんですよ。

アクセル全開に踏んでるけど、同時にブレーキも一緒に踏んでますみたいな(笑)

まずは、

1.自分が不健康になる行動をしていることに気付く(意外とみんな気付いてない)

そして、それに気付いたら、

2.健康になるためには「何をするか?」よりも、「何をしないか?」ということを決める。

病気の治療でも、不摂生な生活習慣の改善でも、肩凝り・腰痛の予防でも、なんでも一緒です。

やる事を一つ決めて、やらない事を一つ決めると、同時に二つのことをする事になるので、一石二鳥ですよね。

皆さんは、健康でいるために、何をしますか?そして、何をやめますか?





みちい整体院

当院は骨盤調整専門の整体サロンです。仕事や家事の疲れからくる腰痛・肩こり・頭痛でなどでお困りではありませんか?あなたも骨盤矯正&整体で痛みの原因である歪みを整え楽なカラダに!

0コメント

  • 1000 / 1000